目の下の弛みの解消法で有効なのは、ずばり顔面のスト…

目の下の弛みの解消法で有効なのは、ずばり顔面のストレッチ体操です。顔面にある表情筋は気付かない内に強張ってしまったり、その時の気持ちに絡んでいることがままあるのです。

美容外科(Cosmetic Surgery)というものは、体の機能上の損壊や変形を修復するよりも、専ら美的感覚に従ってヒトの体の容貌の改善を図る臨床医学の一種で、完全に独立している標榜科である。

メイクアップでは傷などを隠す行為にとらわれるのではなく、メイクを通して結果的に患者さん自身が自分の容姿を受け入れ、社会生活への再出発を果たすこと、そしてQOL(クオリティーオブライフ)を更に向上させることが理想です。

内臓矯正(軟部組織マニプレーション)というのは近くの筋肉や骨格が災いして位置が合わない内臓を元々在るべきポジションに戻して臓器の動きを高めるという技法です。

ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は細胞間に多く存在していて、水分保持や緩衝材のような機能によって細胞をガードしていますが、歳を取るにつれて体の中のヒアルロン酸は減っていきます。

指で押しても戻るお肌のハリ。これを司っているのは、コスメでおなじみのコラーゲン、つまりは蛋白質です。バネのようなコラーゲンが正常にお肌を持ち上げていれば、肌はタルミとは無縁でいられます。

尚且つ、お肌の弛みに大きく関わるのが表情筋。色んな表情を作る顔に張り巡らされてる筋肉です。肌の真皮に存在するコラーゲンと同じく、この筋肉の動きも年齢を重ねるに従い鈍化します。

顔などのたるみは不必要な老廃物や余分な脂肪が集まることで進行します。リンパ液の動きが停滞すると色々な老廃物が溜まり、むくみが出たり、脂肪が溜まり、たるみに繋がります。

硬直していては血行が滞りがちです。結果的には、目の下などの顔中の筋繊維の力が低下してしまいます。意外なようですが顔の筋肉も適切なストレッチをして、たまに緊張を解してあげる必要があるのです。

肌の奥で生まれた肌細胞は時間をかけて皮ふの表層へと移動し、行く行くはお肌の表面の角質となって、約28日経てばはがれ落ちます。これらの活動こそが新陳代謝なのです。

美容外科(Cosmetic Surgery)が欠損などのない健康な身体に外科的な侵襲を付け加える美意識重視の医療行為であるとはいえ、やはり安全性の意識があまりにも不十分だったことが一つの大きな因子だと言われている。

私たちが提唱するリハビリメイクには、様々な体の機能に損傷を被った人のリハビリテーションに等しく、顔や体の外観に損傷を受けてしまった人がもう一度社会へ踏み出すために習うスキルという意味が込められています。

皮ふが乾燥する因子の一つであるセラミドと皮脂の減衰は、アトピー患者など先天的な要素によるものと、逃れようのない老化や基礎化粧品や洗浄料による後天的要素に縁るものの2種類があります。

下半身は心臓から遠いため、重力の関わりでリンパの循環が悪くなるのが一般的である。むしろ下半身が浮腫むのは、リンパが少しだけ鈍くなっているというサインのひとつ程度に解釈したほうがよいだろう。

硬直していては血行が滞ります。挙句の果てには、下まぶたを筆頭に顔全体の筋力が減退します。顔全体の筋肉もよくストレッチをして、しばしば緊張をほぐすことが肝要です。