現代社会で生活する身としては、身体の中には人体に悪…

現代社会で生活する身としては、身体の中には人体に悪影響を与えるというケミカルな物質が蓄えられ、又私たちの体内でもフリーラジカルなどが次々と生成されていると報じられているようだ。

口角がへの字型に下がっていると、顔の弛みはじわじわと悪化します。ニコッと唇の両端を持ち上げて笑顔を作れば、弛みも防げるし、人に与える印象も良いですよね。

健やかな肌の新陳代謝は28日周期になっており、日々新しい細胞が作られ、365日剥がれているのです。この「日々の生まれ変わり」によって皮ふは若々しい状態を保っています。

夏、強い紫外線を浴びたときに極力ダメージを抑える方法は3つ。1.日焼けして赤くなっている場所を冷やす2.いつもより多く化粧水を付けてきちんと潤いを与える3.シミ予防のためにも表皮をむいては絶対にいけない

日本の医学界全体がQOLを重視する傾向にあり、製造業に代表される市場経済の完成と医療市場の急速な拡大もあって、美容外科(Plastic Surgery)は少し前から最も注目を集めている医療分野のひとつである。

無意識にPCに集中してしまって、眉間にしわを寄せ、尚且つ口角の下がったへの字(因みに私はこの形を別称「富士山ぐち」と言っています)なのではありませんか?これはお肌の大敵です。

ほとんどの場合慢性に繋がるが、適した処置によって病状が抑制された状態に保つことができれば、自然寛解(しぜんかんかい)も可能な病気だ。

美容外科(Cosmetic Surgery)とは、ヒトの体の機能上の欠損や変形の修復よりも、専ら美意識に従って全身の外見の改善を図るという医学の一種であり、固有の標榜科目のひとつだ。

そこで医者が処方するのが、美白美容液などに配合されているビタミンC誘導体である。外用抗菌薬と一緒に使用するとおよそ半年で元通りに導けた症例が多い。

「デトックス」法に問題点やリスクは無いのだろうか。そもそも体に蓄積していく「毒素」とはどのような物質で、その毒素とやらは果たして「デトックス」によって体外へ排出されるのか?

乾燥による掻痒感の誘因の殆どは、年齢を重ねることによる角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の減量や、メイク落としなどの過度の使用による皮膚のバリヤー機能の消滅によって発生します。

現代を生きている私たちは、毎日毎日体内に溜まっていく恐怖の毒を多種多様なデトックス法を試みて外に排出し、どうにかして健康な体を手中に収めたいと皆必死だ。

深夜残業、終電帰りの飲み会、どうしても見たくなる深夜のスポーツ中継・翌日の幼稚園のお弁当作りや食事の支度…。皮膚が荒れると知ってはいても、現実的には7時間もの睡眠時間を確保できない方がほとんどではないでしょうか。

スキンケア化粧品で老化対策「老け顔」大脱出キャンペーン!お肌の性質をきちんと把握して、自分にぴったりのスキンケア化粧品を選び、適切な手入して今すぐ「老け顔」とお別れしましょう。

美容とは、顔の化粧、整髪、服飾などの手段でもって容姿や見た目をより美しくするために手を加えることを指す。この言葉、江戸時代には化粧(けわい)と同じ意味で使われていたらしい。