残業、終電帰りの飲み会、どうしても見たくなる深夜の…

残業、終電帰りの飲み会、どうしても見たくなる深夜のスポーツ中継・翌日のお弁当作りや朝食の準備…。お肌に良くないと承知していても、毎日の生活ではしっかりと睡眠時間を持てない方が大半を占めているのは明らかです。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー症状とつながりがある事の内、肌の激しい炎症(痒みなど)を認めるものでありこれも過敏症のひとつである。

昼間、普段さほど浮腫まない顔や手に浮腫が見られた、十分な睡眠時間を確保しても脹脛のむくみが取れない、などは疾患が潜伏している可能性があるので内科医の処置を直ぐ受けることが大切です。

強い紫外線を浴びたときになるべくダメージを小さくする方法を3つ。1.日焼けした場所を水で冷やす2.たっぷりとローションをパッティングして潤いを保持する3.シミを作らないために表皮を剥いては絶対にダメ

美白用の化粧品だと正式な媒体でアピールするには、薬事法を管轄する厚労省に許可された美白に効果を発揮する成分(ほとんどはアルブチン、こうじ酸等)を使う必要があることを覚えておきましょう。

アイラインなどのアイメイクを落とす時にメイクをよく落としたいばかりにゴシゴシとこするようにクレンジングしてしまうとお肌が傷んだり炎症を起こすなどして色素沈着へとつながり、目の下の隈の元凶になるのです。

内臓の健康の度合いを数値化することができる嬉しい機械があります。『ノイロメーター』という名称の機械で、人の自律神経の状態をデータ化することで、内臓の問題を把握することができるという画期的なものです。

ことさら夜の歯のブラッシングは大事。溜まっているくすみを取るため、寝る前はちゃんと歯磨きをしましょう。しかし、歯磨きは回数が多いほど良いというものではなく、1回1回の質を向上させることが肝心です。

老化現象の一つであるフェイスラインのたるみは不必要な老廃物や余った脂肪が溜まることにより徐々に悪化します。リンパ液の循環が滞ってくると老廃物が溜まり、浮腫みが生じたり、余分な脂肪が蓄積されやすくなり、たるみの要因になります。

老けて見える顔のたるみは不必要な老廃物や余分な脂肪が滞留することで徐々に悪化します。リンパ液の循環が鈍くなってくると老廃物が蓄積し、浮腫みが生じたり、脂肪が溜まりやすくなり、たるみへと繋がります。

メイクの長所:新商品が発売された時のワクワク。素顔とのギャップにはまる。色々な化粧品に費用をつぎこむことでストレス解消になる。メイクをすることそのものの興味。

ついついパソコンの画面に見入っていて、眉間にシワを寄せ、かつ口角の下がったへの字ぐち(余談ではありますが、私はシルエットから取って「富士山ぐち」とも呼んでいます)になっているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。

加齢印象を高めてしまう主だった原因のひとつが、歯の”蓄積クスミ”です。歯の表側の層には、見えない凸凹があり、日々の生活の中で黄ばんだ着色や煙草の脂などの汚れが溜まっていきます。

体に歪みが生じると、内臓と内臓が圧迫し合い、つられてその他の内臓も引っ張り合ってしまった結果、位置のズレ、変形、血液・細胞の組織液・ホルモンの分泌などにも望ましくない影響を及ぼすということです。

押すと元通りになるお肌の弾力感。これを操っているのは、化粧品でおなじみのコラーゲン、すなわちたんぱく質です。スプリングの役割を担うコラーゲンが安定して皮ふを持ち上げていれば、嫌なタルミとは無関係でいられるのです。