日本皮膚科学会の判別基準は、①酷いかゆみ、②独自の…

日本皮膚科学会の判別基準は、①酷いかゆみ、②独自の発疹とその場所、③慢性と反復性の経過、3つすべてにチェックが入る病気を「アトピー性皮ふ炎」と呼びます。

頭皮は顔の皮ふとつながっていて、おでこまではスカルプと同じと考えるのはまだあまり知られていません。老化に伴いスカルプがたるむと、フェイスラインのたるみの要因になります。

リハビリメイクという言葉には、様々な身体機能に損傷を被った人のリハビリテーションと同様に、顔などの外見に損傷を被った人が新たな社会生活を送るために身につける技能という意味を持っています。

医療全般がクオリティ・オブ・ライフ(QOL=生活の質)を重視する流れにあり、物づくりに代表される市場経済の発展と医療市場の大幅な巨大化により、容貌を自分好みに変化させられる美容外科(Plastic Surgery)は4~5年前ぐらいから熱い視線を浴びている医療分野のひとつである。

明治時代の終わり頃に洋行帰りの女たちが、洋風の髪、洋風のファッション、洋式の化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に持ち込んで紹介し、これらを表現する言葉のひとつとして、美容がけわいに取って代わって使われるようになったとされている。

ほとんどの場合慢性化するも、効果的な治療のおかげで症状・病態が管理された状態に保たれると、自然に治ってしまうことも予期できる疾患だと言われている。

容姿を装うことで気分が良くなりゆとりが出るのは、顔面にトラブルを抱えている人もいない人も一緒です。リハビリメイクは己の内から元気を見つけ出す最良の手段だと捉えています。

多くの女性が「デトックス」の虜になってしまう理由として考えられるのは、日本人が暮らしている環境の悪化だろう。大気や土壌は汚され、果物などの食物には作用の強い化学肥料や有害な農薬がふんだんに使われていると宣伝されているのだから無理もない。

美容整形をおこなう美容外科とは、正確には外科学の一種であり、医療中心の形成外科(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは違うものである。また、整形外科学(orthopedic surgery)と勘違いされやすいのだがこれとは全く違う分野のものである。

メイクアップの短所:皮膚への刺激。毎日の化粧が煩わしい。メイク用品の費用が結構かかる。物理的刺激でお肌が荒れる。メイクを直したりメイクする時間の無駄遣いをしているように思える。

肌の新陳代謝が乱れてしまうと、色々な肌の老化現象や肌トラブルを引き起こします。ほうれい線などのシワ・目立つシミ・顔色の冴えないくすみ・目の下の隈・フェイスラインが下がるたるみ・目障りな吹き出物・突っ張るような乾燥など、挙げればキリがないくらいなのです。

無意識の内にPCの画面に集中しすぎてしまい、眉間にしわ、かつへの字ぐち(ちなみに私はこの形を「富士山口」と勝手に呼んでいます)をしているのでは?これはお肌にとって最悪です。

「デトックス」法にリスクやトラブルはないと言えるのだろうか。だいたい、体に蓄積してしまう「毒」というのはどんな性質のもので、その「毒」とやらは「デトックス」の効果で体外へ排出できるのだろうか?

よく聞くピーリングとは、時間の経ってしまった要らない角質を専用化粧品などでピール(peel:剥くの意味)し、生成されて間もないきれいな角質層に入れ替え、ターンオーバーを28日周期に近付けようとする外からの美容法です。

頭皮ケアの主要な役割とは健康な髪の毛を保つことだといえます。頭髪に潤いがなく乾燥して艶がなかったり抜け毛が増え始めるなど、大勢の方々が毛髪の困り事を持っています。