思春期は過ぎているのに出現する、治りにくい“大人の…

思春期は過ぎているのに出現する、治りにくい“大人のニキビ”が増えているようだ。10年という長い間こうした大人ニキビに悩み続けている人が皮膚科の医院の門をたたく。

メイクアップでは傷などを目立たなくすることに主眼を置いているわけではなく、メイクを通じて最終的に患者さん本人が己の外見を認知し、社会生活への再出発を果たすこと、そしてQOL(生活の質)をもっと高めることが理想です。

押し戻してくる弾むような肌のハリ。これを作り出しているのは、美容成分でおなじみのコラーゲン、つまりはタンパク質です。スプリングのようなコラーゲンがきちっと皮膚を支えていれば、嫌なたるみとは無縁でいられるわけです。

美白は、メラニン色素が薄く、より一層白い肌を求める美容の価値観、もしくはそんな状態の皮膚のことを指す。主に顔面のお肌について使用される。

アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)を薬だけで良くしようとするには残念ながら無謀な事です。習慣や楽しいことなど生活全般のルールまで共有した診察が必要です。

むくむ要因は人それぞれですが、気温など季節による悪影響もあるって知っていますか。気温が高くなり大量の水分を摂り、汗をかく、この時節にむくみになる因子が隠れています。

日本皮膚科学会の判定指標は、①酷いかゆみ、②特殊な皮疹とその配置、③慢性・反復性の経緯全て該当する病気をアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と言う。

知らない内にPCのモニターに釘付けになってしまい、眉間に縦ジワ、プラス口角の下がったへの字ぐち(これを私はシルエットから取って「富士山口」と言うこともあります)ではないですか?これはお肌の大敵です。

昼間、普段むくまないはずの顔や手が酷くむくんだ、しっかり眠っているのに両脚のむくみが取れない、などの症状は病気が潜伏している可能性があるので専門医の治療が必要になります。

整形外科とは違い美容外科が損壊などのない健康な身体に処置を付け加えるという美意識重視の行為であるにも関わらず、結局は安全性への意識があまりにも疎かにされていたことが一つの大きな誘因としてあるのだ。

多くの女性たちが「デトックス」にのめりこんでしまう理由の一つとして挙げられるのは、我々日本人が暮らしている環境の汚染だ。空気や土壌は汚れ、穀類などの食物には化学肥料や危険な農薬が多くかけられていると噂されている。

尿素水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸(hyaluronic acid)を加えた美肌水は保湿力が高いため肌に優しく、ドライ肌の方におすすめです。防腐剤や芳香剤等の余分な成分を添加していないため、お肌の敏感な人でも使えるのが特長です。

強いUVを浴びたときになるべく肌のダメージを抑える方法は3つ。1.日焼けした部分を冷却する2.多めに化粧水をはたいて潤いを与える3.シミ予防のためにも剥がれてきた表皮をむいては駄目

硬直した状況下では血行も悪くなりがちです。最終的に、目の下などの顔の筋肉の力が落ちます。そこで顔の筋肉も適切なストレッチをしてあげて、たまに緊張をほぐすことが大切です。

外見を装うことで精神的に活発になって豊かさが生まれるのは、顔にトラブルを抱えている人もいない人も差はありません。私たちはメイクアップを自分の内側から元気を見出せる最良の技術だと思っています。