大抵は骨折は起こさない位の弱い圧力でも、骨の限られ…

大抵は骨折は起こさない位の弱い圧力でも、骨の限られた所に何度もひっきりなしに力が加わってしまうことで、骨折に至ってしまうことがあるので油断できません。

消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大抵は腹痛・悪心・腹下しを伴う位で済みますが、細菌感染による急性腸炎の場合は強烈な腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢の他に38度以上の高熱が出るのが特徴なのです。

内臓脂肪過多の肥満が診られて、脂質(ししつ、lipid)、塩分の摂取などによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2項目以上相当するようなケースを、内臓脂肪症候群と呼んでいます。

世界保健機関(World Health Organization)は、有害なUV-A波の異常な浴び過ぎが皮ふ病を引き起こす可能性が高いとして、18歳以下の男女が肌を黒くする日焼けサロンを使う行為の禁止を世界各国に勧めている最中です。

2005年2月1日以後新しく特定保健用食品の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起のコピーの表示が各メーカーに義務付けられている。

吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血というものは喉から肺を通っている気道(きどう、呼吸器)から出血することで、吐血というのは無腸間膜小腸より上にある消化管から血が出る症状を示しているのです。

ストレスがかかり、蓄積していくメカニズムや、手軽で効果的な抗ストレス法など、ストレスに関係している正しい知識を学ぼうとする人は、さほど多くはありません。

もしも検査で現実問題として女性ホルモンの分泌量が基準値よりも足りなくて早発閉経(Premature Ovarian Failure)だと分かったら、足りない女性ホルモンを補う医術で緩和できます。

もう歯の表面を覆っている骨を減らしてしまうほど放置してしまった歯周病は、あわよくば進行具合が沈静化したとしても、エナメル質が元通りに再建されることは無いに等しいのです。

汗疱状湿疹とは手の平や足の裏、又は指の間などに小さめの水疱がみられる病状で、通俗的には汗疹(あせも)と言われており、足の裏に出現すると水虫と混同されるケースが結構あります。

エイズウイルス、つまりHIVを有する精液や血液の他、腟分泌液、母乳、唾液といった様々な体液が、交渉相手や看病する人などの傷口や粘膜部分に接触すると、感染するリスクが高くなるのです。

常識的に水虫=足、特に足の裏や指の間にできやすい病気だと捉えられていますが、白癬菌が感染する部位は足だけに留まらないので、全身どの部位にもかかってしまう恐れがあるので注意してください。

骨折によって大量出血してしまった場合、急に血圧が降下して眩暈やふらつき、冷や汗、吐き気、座っていても起こる意識消失発作などの不快な脳貧血症状が現れることがあります。

高熱が特徴のインフルエンザに適応した予防テクニックや治療法など、このような必ず行う措置そのものは、それが季節性のインフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザであっても一緒なのです。

脚気の症状としては、両手両足が痺れるような感覚があったり下肢の浮腫みなどが一般的で、発症から時間が経ってしまうと、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全も連れてくる可能性があるようです。