健康を推進する世界保健機関は、身体に害を与えるUV…

健康を推進する世界保健機関は、身体に害を与えるUV-Aの無理な浴び過ぎは皮膚の病気を起こす可能性が高いとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を利用する行動の禁止を強く先進国に提起しています。

常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、毒素が非常に強い黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と一方は毒素が強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種が存在します。

年齢を重ねることによる耳の聞こえ辛さでは緩やかに聴力が低下していくものの、普通60歳過ぎまでは聴力の衰えをはっきり把握できないものです。

コンサートやライブなどの開催されるスペースやダンスを踊るためのフロアなどに備えられた特別仕様の大型スピーカーの近くで爆音を聞いて耳が聞こえにくくなることを「音響外傷」と言います。

ダイエットを成功させたいばかりにカロリー摂取を控える、1日3食のうち1食を飛ばす、というような暮らしがひいては栄養をも不足させ、慢性の冷え性を齎していることは、何度も言われていることです。

HIVを有している血液や精液のほか、女性の母乳、腟分泌液などの体液が、乳飲み子や交渉相手などの傷口や粘膜などに接触する事で、HIV感染の危険性が大きくなるのです。

気分障害の一種であるうつ病は脳の中の神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなった結果、憂うつ感、不眠、著しい疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの様々な症状が2週間以上続きます。

メタボリック症候群とは断言されていなかったとしても、臓器に脂肪が多く蓄積しやすい型式の悪い体重過多を抱えることに縁り、数多くの生活習慣病を招きやすくなります。

男性だけにある前立腺はその成長や働きにアンドロゲン(男性ホルモン)がとても密接に関係しており、前立腺に発生したがんも同様に、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)に刺激されて肥大化してしまいます。

アルコールをクラッキングするという特徴のあるナイアシンは、苦しい宿酔によく効く成分です。苦しい宿酔の根源物質といわれるエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の無毒化に関係しているのです。

食事の際は、食べ物をなんとなく口へ運んで20回前後咀嚼して後は飲み下すだけだが、その後人体はまことにまめに動き続けて食物を身体に取り入れるよう努力している。

紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを促すということで知られており、血液中のカルシウム濃度を調節し、筋肉の働きを微調整したり、骨を作ります。

「ストレス」というのは、「なくさなければいけない」「除外すべきもの」ものと思いがちですが、その実、我々人間は大小のストレスを受けているからこそ、活動することが可能になります。

脂肪過多に陥っている肥満は無論食事の栄養バランスや運動不足などが素因ですが、量の等しい食事だったとしても、短時間で食べ終わる「早食い」を日常化することによって体重過多に陥っている肥満を招く可能性が高まります。

お薬やアルコール、化学的な食品への添加物などを酵素によって分解して無毒化する事を解毒(げどく)と称し、多機能な肝臓が果たす最も重要な機能のひとつであることは間違いありません。