何となくパソコンに釘付けになっていて、眉間に縦ジワ…

何となくパソコンに釘付けになっていて、眉間に縦ジワを寄せ、更に口角の下がったへの字ぐち(余談ですが私はこの形をシルエットが似ているので「富士山口」と呼んだりします)をしているのではありませんか?これはお肌にとって最悪です。

体に歪みが生じると、臓器が互いに圧迫し合って、他の臓器も引っ張られて、位置の移動、変形、血液や細胞の組織液に加えてホルモンバランス等にも芳しくない影響を及ぼすということです。

最近再注目されるようになった頭皮ケアは別名スカルプケア(scalp care)とも言われています。頭皮(スカルプ)は髪の毛の困り事である「抜け毛」「うす毛」にとても大きく関係していると供に、顔の弛みにも影響を及ぼしているのです。

例えば…あなたは今、このサイトを眺めながら頬杖をついていますか?実はこの姿勢は手の力をフルに頬に当てて、繊細な肌に不必要な負担をかけることになるのです。

化粧の利点:自分の顔立ちを少し好きになれること。顔にたくさんある面皰・クスミ・毛穴の開き・ソバカス・ひっかき傷を隠すことが可能。ちょっとずつ素敵になっていく楽しさや高揚感。

浮腫みの原因は多く考えられますが、季節による悪影響もあるということを知っていますか。気温が上昇して大量の水を飲み、汗をかく、この期間に浮腫む原因が存在しています。

お肌の乾燥の素因の一つである角質層の細胞間脂質と皮脂の縮小は、アトピー患者などの遺伝に縁るものと、逃れようのない年齢やスキンケア化粧品などによる後天的な要素に縁るものが存在します。

さらに毎日のストレスで、精神にも毒素はどんどん溜まってしまい、同時に体調不良も招いてしまう。こうした「心身ともに毒まみれ」というような意識こそが、苛まれた現代人をデトックスへと駆り立てている。

どっちにしても乾燥肌が普段の日常生活や身辺の環境に深く関係しているということは、普段の身辺の習慣に気を付けるだけで大部分の肌のトラブルは解消するはずです。

皮膚の美白指向には、1990年代の初めからじわじわと女子高校生などに浸透したガングロなど、不自然なほど酷く日焼けする渋谷系ギャルファッションへの反対ともとれる意味合いが存在している。

皮膚の美白指向には、90年辺りからあっという間に女子高校生などに人気を博したガングロなど、極度に日焼けするギャル文化への警鐘ともとれる考えがある。

メイクの利点:外見が美しくなる。メイクもマナーのひとつ。実際の歳より大人っぽく見られる(24才以下限定の話)。人に与える印象を思い通りに変化させられる。

仕事、終電帰りの食事会、どうしても見たくなる深夜のスポーツ中継・翌日の家族のお弁当や食事の下準備…。肌が荒れるということを分かっていても、実際は満足できるような睡眠時間を確保できていない人が多いようです。

日本皮膚科学会の判別の目安は、①酷いかゆみ、②特徴的な発疹とその広がり、③慢性で反復する経過、3点すべて当てはまる疾患を「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)」と称しています。

メイクのデメリット:ランチタイムには化粧直ししなければいけない。メイクを落として素顔に戻った時の落差。化粧品の出費が案外馬鹿にならない。メイクしてからでないと家から出られない強迫観念のような思い込み。