今を生きている私たちは、1日毎に体の中に溜まってい…

今を生きている私たちは、1日毎に体の中に溜まっていくという怖い毒を、多様なデトックス法を利用して追い出し、絶対に健康な体を手中に収めようと皆必死だ。

睡眠が不足すると人の皮膚にどういったダメージを与えるのかお分かりですか?その代表格ともいえるのが皮ふのターンオーバー(新陳代謝)が遅れること。正常なら28日毎にある皮膚の入れ替わる速度が遅くなってしまうのです。

頭皮のお手入れの主だったねらいとは髪を健康に保持することだといえます。髪に潤いがなくまとまりにくくなったり抜け毛が多くなるなど、大勢の方々が髪のトラブルを抱えています。

美白化粧品だと広告などでPRするためには、薬事法を取り仕切っている厚労省に許可された美白の物質(ほとんどはアルブチン、こうじ酸)が含まれている必要があるということです。

メイクアップでは傷などを隠すことにとらわれず、メイクアップの力を借りて結果的には患者さん自身が自らの外観を受容することができ、社会生活への再出発を果たすこと、そしてQOLを今よりも挙げることが目的なのです。

健康補助食品などで知られるヒアルロン酸はヒトの細胞と細胞の隙間に多く含まれており、水分を保ったりクッションのような役目をして大切な細胞を保護していますが、加齢にともなって体内のヒアルロン酸は少しずつ減少していくのです。

ここ日本の美容外科の経歴の中で、美容外科が「紛れもなく正しい医療分野」であるとの認知と地位を得るまでには、案外時間が必要だった。

お肌の若さを保つ新陳代謝、即ち皮ふを入れ替えることが可能な時間は一部に決まっていて、夜半睡眠を取っている時しかないのです。

ドライスキンの素因の一つであるセラミドと皮脂の下落は、アトピー患者などの遺伝子レベルの要素によるものと、老化現象やコスメなどによる後天的要素によるものの2種類があります。

20才を越えてから発生する、治りにくい“大人のニキビ”の症例がじわじわと増えている。もう10年間もこのような大人のニキビに困っている人々が医院の門をたたいている。

下まぶたの弛みの解消法で最も効果が高いのは、顔面のストレッチでしょう。顔の筋繊維はいつの間にかこわばったり、その時の感情に左右されていることがままあります。

湿疹等が出るアトピー性皮膚炎の原因として、1.腸内や皮膚、肺、口腔内などの細菌叢(フローラ)、2.遺伝的な問題、3.栄養面での因子、4.環境面での要因、5.1~4以外の考え方などを列挙できる。

美容外科(Plastic Surgery)とは、ヒトの身体の機能上の欠損や変形の修正よりも、専ら美意識に基づいてヒトの身体の容姿の向上を図るという医学の一種で、固有の標榜科である。

正常な皮ふの新陳代謝は4週間毎のサイクルで、毎日毎日新しい肌細胞が生まれ、日々刻々と剥落し続けています。このような「毎日の生まれ変わり」によって私たちの皮ふは若々しい状態を保ち続けています。

顔の加齢印象を高める主だった要因の一つが、歯に付着した”蓄積クスミ”です。歯の表層には、目には見えないくらい小さな凸凹があり、日々の生活の中で茶色っぽい着色や食物カスなどの汚れが蓄積しやすくなっています。