一見すると「ストレス」というのは、「消すべき」「除…

一見すると「ストレス」というのは、「消すべき」「除去しなければいけない」と判断しがちですが、実のところ、人は日々ストレスを経験しているからこそ、生き延びていくことができます。

汗疱というのは手の平や足の裏、又は指の隙間などに小さな水疱がみられる病状で、普通は汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に出現すると足水虫と思い込まれるケースもよくあります。

内臓に脂肪が多い肥満が診られて、脂質(lipid)、高血圧、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2つ以上に当てはまるような様子のことを、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と名付けました。

痩せたいあまりに1日の総カロリーを控える、食べる量を落とす、というようなライフスタイルを続けると結果的に栄養までもを不足させ、慢性の冷え性を誘発していることは、多くの先生方が危惧されているのです。

メタボリック症候群であるとは診断されていなくても、内臓に脂肪が多く付着するようなよくない体重過多を持つ事で、重い生活習慣病を誘引しやすくなります。

耳の中の構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに大別されますが、この中耳の辺りに様々なばい菌やウィルスなどが感染し、発赤等の炎症が起きたり、液体が溜まる症状を中耳炎と称しているのです。

体を動かすのに必要なエネルギー源として速攻で使われる糖分、新陳代謝に必要となる蛋白質など、過度の痩身ではこの2つに代表される体を維持するために絶対必要な栄養素までもを乏しい状態にする。

塩分や脂肪分の摂取過多を控えて簡単な運動に努めるだけでなく、ストレスの少ない日常生活を心がけることが狭心症の要因となる動脈硬化を予め予防するコツなのです。

ものを食べるという行為は、次に食べようと思った物をなんとなく口に入れたら20回前後噛んで後は飲み下すだけだが、その後も身体は本当によく動いて異物を身体に取り入れる努力を続けているのだ。

規則正しい穏やかな生活の継続、腹八分目の実践、無理のないスポーツ等、古臭いとも思える体への注意が老化防止にも関わっているということです。

通常ならば骨折に至らない程度の弱い力でも、骨の限定されたエリアだけに複数回繰り返し連続してかかってしまうことで、骨折が起こってしまうことがあるので注意が必要です。

緊張性頭痛は肩凝り、首筋の凝り、張りから来る日本人に多い頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような激しい頭痛」「重苦しい酷い痛み」と言い表されています。

脳卒中のクモ膜下出血は9割弱が「脳動脈りゅう」という血管にできた不要なこぶが破裂してしまう事が理由となって罹患してしまう命にかかわる病気だと多くの人が認識しています。

チェルノブイリ原発の爆発事故の被害者の後追い調査の結果では、成人に比べて体の小さな子供のほうが広まった放射能の深刻なダメージをより受容しやすいことが見て取れます。

ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、四肢がしびれるような感覚があったり脚の著しいむくみなどがよく訴えられ、症状が進行すると、最悪のケースでは呼吸困難に陥る心不全なども発症することがあるのです。