リハビリメイク(Rehabilitation Ma…

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)には、身体の機能に損傷を被った人のリハビリテーションと同じように、顔などの容貌に損傷を受けた人が社会復帰のために覚えるスキルという意味を含んでいます。

特に夜の10時~2時までの4時間は皮ふのゴールデンタイムで、皮膚の新陳代謝が更に促される時間帯です。この夜10時から2時の間に良質な睡眠をとることが最良のスキンケアの手段だということは間違いありません。

「デトックス」法には危険性やトラブルはまったくないと言えるのだろうか。だいたい、体に溜まるとされる毒というのは一体どんな性質のもので、その「毒」とやらは果たして「デトックス」の効果で体外へ排出できるのだろうか?

歯の美容ケアが肝心と認識する女性は確かに増えているが、実際におこなっているという人はさほど多くはない。その理由で最多なのは、「どのようにして手入れしたら効果的なのかいまいち分からないから」という考え。

特に夜間の歯のケアは大切。“蓄積くすみ”を除去するため、夜間はきちんと歯みがきしましょう。しかし、歯のブラッシングは回数の多さではないので、1回のクオリティを上げることが肝要です。

下半身は心臓から遠いため、重力が絡むことによってリンパの流通が悪くなることが通常。むしろ下半身にみられるむくみは、リンパ液がほんの少し滞留しているという印のひとつ程度に捉えたほうがよいだろう。

皮膚の美白指向には、90年代の初めから徐々に女子高生などに取り入れられたガングロなど、不自然なほど異常に日焼けする独特な渋谷系ギャルファッションへの反論的な考えが込められている。

明治時代の末期、外国から帰ってきた女たちが、洋髪、洋風の格好、洋風に使う化粧品・美顔術などを紹介して、これらを新たに言い表す語彙のひとつとして、美容がけわいという言葉の代わりに使用されるようになったと言われている。

最近よく耳にするネイルケアとは、手足の爪とその周辺の皮膚のお手入れのこと。ヘルスケア、ビューティー、巻き爪処置など医師による医療行為、生活の質(クオリティオブライフ)の保全といった多彩な扱い方が可能で、既にネイルケアは一つの確立された分野と言っても過言ではない。

審美歯科は、美に主軸を据えたトータルな歯科医療のこと。歯の持つ働きには物を噛むなど機能的な一面と、審美的な一面があり、どちらも健康に関係している非常に大事な要素だと断言できる。

慢性的な睡眠不足は人の皮膚にどのような影響を与えるかご存知でしょうか?その答えは皮ふの新陳代謝が遅れてしまうこと。健康なら28日単位である肌の入れ替わりが遅くなってしまうのです。

歯を美しくキープするためには、奥歯の裏側まで丁寧に磨く事を忘れないでください。キメの細かい泡立ちの歯ミガキ粉と毛先の口当たりが優しい歯ブラシを使って、じっくりとケアをするようにしましょう。

デトックスという方法は、栄養補助食品の飲用及びサウナなどで、こうした身体の中の有毒な毒素を体外へ排出しようとする手段を指しているのだ。

ほっぺたやフェイスラインのたるみは老けて見える要因になります。皮ふのハリや表情筋と呼ばれる筋肉の緩みがたるみへと繋がりますが、それに加えて普段おこなっているささいな仕草も原因になるのです。

どこにも問題のない健康な身体にみられるむくみだが、これは当然のこと。殊に女性は、夕方のふくらはぎのむくみを防ごうとするようだが、二足歩行の人間であれば、下半身のむくみそのものはいたって正常な状態なのでさほど神経質にならなくても良い。