メイクアップのメリット:自分の顔をいつもより好きに…

メイクアップのメリット:自分の顔をいつもより好きになれること。顔に点在するニキビ跡・くすみ・毛穴・ソバカス・傷を隠すことが可能。時間をかけてかわいくなっていく高揚感。

マスカラなどのアイメイクを落とす時にメイクをよく落とそうとしてゴシゴシこすって洗った場合、皮膚が傷ついたり酷くなれば炎症を起こして色素沈着を招き、目のくまの一因となります。

さらに毎日のストレスで、精神にまでも毒はどんどん蓄積してしまい、身体の不調も起こす。「心身ともに毒だらけ」というような不安こそが、多くの人々をデトックスに駆り立てている。

アトピー性皮膚炎とは、いわゆるアレルギー反応と繋がりがある状態の中でもお肌の慢性的な炎症(発赤・掻痒感など)を認めるものでありこれも過敏症の一種なのだ。

乾燥による痒みの要因のほとんどは、加齢に縁るセラミドと皮脂の減少や、ボディソープなどの使い過ぎによる皮ふのバリア機能の落ち込みによってもたらされます。

内臓が元気か否かを数値で計測してくれる専門の機械があります。『ノイロメーター』と名付けられている医療機器で、人の自律神経の状態を数値化して、内臓の病気をモニタリングできるという機能性の高いものです。

強いUVを浴びたときに肌のダメージを抑える方法は3種類あります。1.日焼けした部分を冷やす2.ふんだんにスキンケアローションをつけて保湿する3.シミにならないように捲れてきた皮をむいては絶対にいけない

身体中に分布しているリンパ管に沿うようにして進んでいる血の流れが遅くなってしまうと、色々な栄養や酸素が隅々まで配られにくくなり、最終的には不要な脂肪を多く定着させる原因になるのです。

明治末期、外国帰りの女たちが、洋髪、洋風のファッション、洋式の化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介すると、これらを新しく言い表す日本語のひとつとして、美容がけわいの代わりに扱われ始めた。

メイクの短所:お肌への影響。毎日煩わしい。化粧品を買う費用がやたらとかかる。物理的刺激でお肌が荒れる。メイクを直したりフルメイクをするので時間が勿体ない。

美容外科(plastic surgery)とは、要は外科学の中の一つであり、医療を目的としている形成外科(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは違っている。更に、整形外科学とも勘違いされやすいのだが全然分野の異なるものだ。

頬ほっぺたやフェイスラインの弛みは老けて見えてしまう要因です。肌の弾力や表情筋の衰退が弛みに繋がりますが、本当は毎日おこなっているちょっとした癖も誘因となります。

アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)を服薬だけで良くしようとするには無謀な事です。習慣や楽しめる趣味など暮らし全体のルールまで視野を拡大した問診が必要です。

身体中に張り巡らされているリンパ管と並行するように移動する血液の流動が鈍くなると、大切な栄養や酸素が移送されにくくなり、最終的には脂肪を定着させる誘因となります。

ネイルケア(nail care)というのは、手足の爪とその周辺の手入れ全般を指す。ヘルスケア、ビューティー、ファッション、巻き爪処置など皮膚科の医療行為、生活の質(QOL)の保全といったあらゆるシーンで活躍しており、ネイルケアはなくてはならないものとなっているのは自明の理である。