ネイルケア(nail care)は、手足の爪や甘皮…

ネイルケア(nail care)は、手足の爪や甘皮などを手入れすること。美容だけでなく、健康、医療、生活の質(クオリティオブライフ)の保全など多くのシーンで活躍しており、既にネイルケアは確立された分野となっているのだ。

頭皮ケアの主なねらいとは健康的は髪の毛を保持することにあります。髪に潤いがなくまとまりにくくなったり抜け毛が多くなるなど、大勢の方が頭髪のトラブルを持っているようです。

唇の両端、すなわち口角がへの字型に下がっていると、お肌の弛みはじわじわと進んでいきます。きゅきゅっと左右の口角を上げた笑顔を心がければ、弛み予防にもなるし、見た目の印象も美しいと思います。

皮ふの乾燥の誘因の一つである角質層の細胞間脂質と皮脂の量の減量は、アトピー患者などの遺伝子によるものと、逃れようのない老化やスキンケアコスメなどによる後天性の要素にちなんだものに分けることができます。

スカルプケアのメインの目標は健やかな髪を保つことだといえます。髪の水分が失われて乾燥して艶がなくなったり抜け毛が目立つなど、大勢の人が毛髪の悩みをお持ちのようです。

アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)を塗り薬の力だけで良くしようとするのには残念ながら無理があります。生活習慣や楽しめる趣味など暮らしすべての目的まで共有したような治療が必要です。

ビタミンA誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、目立つ濃いシミを短期間で淡色にするのにすごく有効な治療法で、中年以降にみられる老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・紫外線が原因の肝斑(かんぱん)・吹き出物などに効果があります。

スカルプは顔の肌に繋がっているため、おでこもスカルプと一緒だとみなすことはまだあまり知られていません。歳を重ねるにつれてスカルプがたるむと、その下にあるフェイスラインの弛みの主因となります。

乾燥肌とは、肌(皮ふ)のセラミドと皮脂分泌の量が標準のレベルよりも低減することで、肌から水分が揮発し、角質層がカサカサに乾く症状のことです。

睡眠が不足すると肌にはどのような悪影響を与えるかご存知でしょうか?その答えのひとつは皮膚のターンオーバー(新陳代謝)の乱れです。健康なら28日単位である肌の生まれ変わるサイクルが遅くなる原因になるのです。

あなたには、自分の内臓が健康だと断言できる根拠があるでしょうか?“痩せない”“肌荒れが治りにくい”といった美容に関するトラブルにも、意外なようですが内臓の状況が関わっているのです!

メイクのメリット:新しい製品が発売された時の楽しさ。素顔とのギャップに萌える。多種多様な化粧品に資金を費やすことでストレスを解消される。メイクをすることそのものに面白みを感じる。

20~30代に現れる難治性の“大人ニキビ”が多くなっているようだ。もう10年間大人ニキビに苦痛を感じ続けている方々が評判の良いクリニックを訪れている。

歯のビューティーケアが重要と捉える女性は増加しているものの、実践しているという人は少ない。その理由の中で最も多いのが、「どのようにして手入れすればよいのかいまいち分からないから」という思いらしい。

ピーリングというのは、古くなった不要な角質を専用化粧品などでピール(peel: はぎ取るの意味)することを繰り返して、まだ新しくてキメの細かい肌に取り替えようとするシンプルな美容法です。