ついついパソコンに集中してしまって、眉間に縦ジワを…

ついついパソコンに集中してしまって、眉間に縦ジワを作り、プラス口角の下がったへの字口(この形を私は別称「富士山ぐち」と勝手に呼んでいます)になっているのではありませんか?これはお肌の大敵です。

歯のビューティーケアが肝要と感じている女性は増加傾向にあるが、実際にやっているという人はそう多くはない。最も多い理由が、「自分だけではどのようにして手入れすればよいかよく分からない」ということらしい。

トレチノイン酸治療は、色の濃いシミを数週間単位で淡色にするのにことのほか優れている治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・女性に多くみられる肝斑(かんぱん)・しつこく繰り返すニキビなどによく効きます。

もともとお肌のターンオーバー(新陳代謝)は4週間毎のサイクルで、日々刻々と新しい細胞が作られ、1年365日剥落しているのです。このような「日々の生まれ変わり」によって私たちの肌は若々しさを保持し続けています。

美容誌においてリンパの滞留の代表格であるかのように表現される「浮腫」には2つに大別すると、身体のどこかに病気が潜伏している浮腫と、病気のない健康体にもよく起こるむくみがあるということだ。

動かずに硬直した状態では血行も滞ります。最終的には、目の下などの顔のあらゆる筋繊維の力が衰退します。顔の筋繊維も適切なストレッチをしてあげて、時折緊張をほぐすことが肝要です。

日焼けして出来たシミをなんとか薄くしようとするよりも、作られないように事前に防護したり、肌の奥に潜むシミの候補を防ぐことの方が大事ってご存知でしょうか。

湿疹などに悩まされるアトピー性皮膚炎の主因には、1.腸内や皮膚、肺や口腔内等による細菌叢(フローラ=Flora)、2.遺伝、3.栄養面での原因、4.環境面での問題、5.1~4以外の要素の見解が現在は主流だ。

美容整形をおこなう美容外科とは、要は外科学の一分野で、医療に主軸を据えた形成外科学(plastic surgery)とは違うものである。加えて、整形外科とも間違われがちだがこれとは全く異分野のものである。

現代社会を暮らす身としては、体の内部には人体に良くない影響をもたらすケミカルな物質が増え、更には自分の体の中でも細胞を傷つけるフリーラジカルなどが発生していると喧伝されているようだ。

お肌の細胞分裂を活発にし、皮膚を生まれ変わらせる成長ホルモンは日中の勉強などの活動している時はほぼ分泌されず、日が落ちてからゆったり体を休めくつろいでいる状態で分泌されるからです。

内臓の健康具合を数値で確認することができる専門の機械があります。『ノイロメーター』という名称の医療機器で、人間の自律神経の状態を調べることで、内臓の具合がモニタリングできるというのです。

デトックスというものは、体の内部に澱のように蓄積されたありとあらゆる毒素を除去するという新しい概念の健康法であくまで代替医療に分けられる。「detoxification(ディトクシフィケーション、解毒の意)」を短縮した言葉です。

湿疹などが出るアトピーとは「不特定な場所」という意味の「アトポス」と言うギリシャ語から派生しており、「遺伝的な因子を持つ人のみに見られる即時型のアレルギーによる病気」を対象として名前が付けられたと考えられている。

慢性的な寝不足は人の肌にどういった影響をもたらすかご存知でしょうか?その答えのひとつは皮ふの新陳代謝の遅延。正常なら28日毎にある肌の生まれ変わる速度が遅れてしまうのです。