お肌が乾燥する主因の一つである角質の細胞間脂質と皮…

お肌が乾燥する主因の一つである角質の細胞間脂質と皮脂分泌の下落は、アトピー性皮膚炎患者などの遺伝子によるものと、逃れようのない高齢化やコスメや洗浄料による後天的要素に縁るものが存在しています。

どこにも問題のない健康な体にも起こるむくみだが、これは当然のこと。ことさら女性は、脚のふくらはぎのむくみを防ごうとするが、ヒトならば、下半身が浮腫むのは自然な状態である。

どちらにしても乾燥肌が日常の暮らしや身辺の環境に大きく起因しているというのなら、普段のちょっとした日課に配慮さえすればほぼトラブルは解決するはずです。

よく耳にするピーリングとは、老化し役目を終えた不要な表皮を専用化粧品などでピール(peel: はぎ取るの意味)することによって、まだ新しくてダメージのない肌に取り替える定番の美容法です。

歯のビューティーケアが重要と認識している女性は多くなっているものの、実生活でおこなっている人は少ない。その理由で一番多いのが、「自分一人ではどのように手入れすればよいのか情報がない」ということらしい。

サンバーンを起こして発生してしまったシミをどうにか薄くしようとするよりも、作られないように事前に対策を施したり、お肌の奥に巣食っている表出していないシミを予防する方が重要だということを分かっている人はまだ多くありません。

深夜残業、終電帰りの食事会、見逃せない深夜のスポーツ中継・翌日の子どものお弁当や朝食の下準備…。肌が荒れてしまうとは分かっていても、実際の生活においては満足できるだけの睡眠時間を確保できない人が大半を占めると思います。

何となくPCの画面に集中してしまい、眉間にしわを寄せ、プラス口角を下げたへの字ぐち(余談ですが私はこの形を別名「富士山ぐち」と勝手に名付けました)ではないですか?これはお肌の大敵です。

汗をたくさんかいて体内の水分量が少なくなってくると自然に尿の量が減らされて代わりに汗のための水分が蓄えられるため、この余剰な水分が使われないと不愉快なむくみの原因になっているそうです。

アトピーという症状は「場所が限定されていない」という意味のアトポスというギリシャの言語から派生しており、「何かしらの遺伝的因子を持つ人に表出する即時型アレルギーによる病気」のことを指して名付けられた。

「デトックス」というワードは浸透しているが、あくまでもこれは「健康法」や「代替医療」のひとつ医師による「治療」とは異なるということを解っている人は意外なまでに少ないのである。

肌のターンオーバーが乱れると、色々な肌のエイジング現象や肌トラブルが起こるようになります。老けて見られるしわ・目立つしみ・顔色の冴えないくすみ・目の下のクマ・フェイスラインがぼやけるたるみ・嫌なニキビ・突っ張るような乾燥など、まだまだ挙げてみればキリがないほどなのです。

美白の化粧品だと正式なツールで謳うには、まず薬事法を制定している厚労省に認可されている美白の物質(多いのはアルブチン、こうじ酸等)を使用する必要があるのです。

メイクの長所:メイク後は自分の顔を少しだけ好きになれる。顔に無数に点在している面皰跡・クスミ・毛穴の開き・そばかす・傷が上手に隠れる。ちょっとずつ魅力的になっていく幸せ。

「デトックス」法には危険性やトラブルはないと言えるのだろうか。第一、体に溜まるとされる毒とはどんな性質のもので、その毒素は果たして「デトックス」の効果で排出されるのだろうか?